考えごと

考えごと

◆「ほんとう」はどこにあるのか

リボトリールが増えて以来、すこぶる睡眠が安定している。むろん睡眠のみならず、日中活動にもよい影響が出ていて、いつもよりたくさん文章を書けたり、日常の気づきが増えたり、退勤後の疲れによる寝落ちが減ったり、料理やそうじの効率があがったりと、い...
考えごと

◆感想 ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画

先週、千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館で開催する企画展に行ってきた。なんと今日までで、この記事を上げたころには終わってしまっている。 DIC川村記念美術館 ブリジット・ライリーは現代の美術家で、幾何学模様のパターンを反復する絵を描く作...
考えごと

◆合理的消費ノ手法(嗜好品編)

 今回は食品以外のもの、おもに嗜好品である。自分の場合は服飾品、化粧品、雑貨等がそれにあたる。前回の記事と重なる部分もあると思われるが、消費という共通テーマで書いているため、ご容赦願いたい。  わたしは合理的で取り組みやすいことを大切にして...
考えごと

◆合理的消費ノ手法(食品編)

 書いていたら長くなったので分けた。ちなみに後半は嗜好品編である。  スーパーマーケットは、自炊をする者にとって大変ありがたい施設だ。だが同時に、危険な魔窟でもある。巧妙に設計された陳列棚たちが、余計な物を買わせてしまう。幼い頃、レジ前にあ...
考えごと

◆似合わない服を着るつらさ

大きく出張った骨が、望むと望まざるとにかかわらず厚い皮膚をじくじくと圧し拡げていく。このやっかいな骨盤のおかげでタイト・スカートやスキニーパンツはもとのシルエットを無視して、ぐいぐいと糸をひっぱってしまう。さすがに弾けたことはないが、ひやひ...
考えごと

◆数字の妙に魅せられて

 身の回りにある数が気になってしまう。偶数より奇数、なかでも平方数と素数がおきにいりだ。理由はさだかでないが、すきな数字は安心する。  年齢であれば、17才や23才になったときはやたらに心躍っていた(とはいえ、とりわけいいことがあったわけで...
考えごと

◆2015年のこと◆

 だいぶ間があきました。万物のやる気が削げる11,12月、いつもそうです。何かを考えることに疲れたり書くに至らなかったり…そんなことがあるので毎日何かを書いている人はすごいな、と思います。ほぼ日の今日のダーリン、理想的なものかきスタイルだっ...
考えごと

◆騒音の時代◆

 生きるうえで「静かにくらす」時間を大切にしているのだが、それは何も音だけではなく、文字などにも言えることである。例えば電車に乗ると、ところせましと広告が飾ってあってその光景だけで疲れてしまう。百貨店に行けば人は多いし、どこのお店でも音楽が...
考えごと

◆ひとづきあいの話◆

この世に生を受けてからそろそろ四半世紀が経つが、いまだに慣れないのがひとづきあいだ。ときどきいらないことを言ってしまったり、言わなければいけないことを言い忘れたりしてしまう。過剰な言葉は相手の持つ物語を損なってしまうし、言葉が足りないと自分...
考えごと

◆チュウニズムのすみわけに感動した話(改)◆

(8/28 21:50ごろ再アップ)システムに関する指摘をもらったので一部修正しました。持つべきものは友達とはよくいったものです。 ◆ チュウニズムがぐんぐんと楽しくてたまーにやってる。 ペルソナ4とのコラボレーションがあるということで気に...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com