精神

精神

◆福祉について

 福祉の語源は英語のWelfareです。先日の記事(英語版です)でも書いたのですが、直訳すると「よい旅」という意味です。形容詞のwellに名詞のfareですから「人生という旅をよいものにするようなもの・こと」といった感じでしょうか。 ...
精神

◆特性はいかにして障害となるか?

 とある芸人さんの会社が申告漏れを起こしていたということで、そこからこれまでのエピソードや、それらがADHDの特性なんじゃあないかという話をしている人が出てきたり「素人が診断をつけるべきではない」という人がいたり、さらには「素人があれこれ...
精神

◆バッシングについて

 なにかの事件があって、容疑者が精神障害者であると報道されるのが目立つようになった。それに乗じてインターネットでは過激な意見をたびたび目にする。そういったことに興味のあるわたしとしては目にあまるものもあって、当事者がみれば深く傷つくような...
精神

◆「つなげる」ちから

 この連休はヒンドゥー教とイスラム教の関係と、15世紀ごろに衰退してしまった謎多き宗教、マニ教のことを勉強していました。今年の頭くらいから、世界史をもう一回勉強しなおしています。にんげんの歴史をみていると車輪のようだなと感じます。手に持つ...
精神

◆アトリエ記『慾望(版画)』②

 3ヶ月ぶりに記録する。書き残さないと忘れてしまう。釘を打つように記憶を留める。その必要がここにはある。 許可をくださった人からはもっと話を聞いて、作品について紹介するということもやってみたい。これは当ブログで、というより、もう少しきちん...
精神

◆哲学をしてきたわたしが、なぜ福祉にすすんだのか

 よく、こういうことを質問される。哲学を学んできたひとがみんな哲学者になると思っているのだろうか。そんなの………………とってもすてきだ。  哲学は生きることぜんたいとつながっている。そのときどきで迫ってきたことを顧みると、いつもその...
精神

◆アトリエ記 「慾望」③

1日かけていろいろなことをしていたので、この日はアトリエの記憶が相対的にうすい。人は少なく、静かな日だったと思う。天候は曇り。山頂に居を構えるこの病院も、日が翳ってここちよい。 完成。あんまり「慾望」っぽさが強調しきれなかったよう...
精神

◆アトリエ記「慾望」②

この日は異様にねむく、午前中にひととおりの家事を終えたあと昼まで爆睡してしまった。  合評前に到着し、作業をすすめる。先週つくったはんこの印面をととのえ、終わってから制作をすすめる。暑さのせいか人数も少なく、ゆったりと過ごせた。作品...
精神

◆アトリエ記 片隅の対話

眠い。前日に友人と遊び、帰ってきたら0時前。ひさしぶりに日付の線をこえた気がした。そのあともぼーっとしてしまい、寝たのは1時頃だったと思う。 久しぶりに朝のバスに乗れた。中でまどろみ、目が覚めれば見慣れた光景。扉をあける。いつもより...
精神

◆アトリエ記 『慾望』

 連休中も開いているというので、お邪魔した。火曜日と、木曜日だ。火曜日は展示の手伝いでひたすらチラシ折りと封入をし続けていたので特記することはない。  木曜日はのんびりと会話に混じりつつ、じぶんの作品づくりを進めた。コラージュのほう...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com