きのうに引き続き、ふくやのめんたいこの話。
夏に同居人が帰省し、家庭用めんたいこ「どっから」(一番辛いもの)を2箱買ってきた。だが不運にも出張が入り、9月前半の平日はすべて不在となる運びとなった。同居人はものすごいペースでめんたいこを食べるので、我が家のめんたいこの消費速度は著しく低下することとなった。ふくやの家庭用めんたいこは1箱5房ほど入っており、他社に比べると1房あたりのボリュームもなかなかのものだ。いくらふくやのめんたいこがすきだといってもわたしは少食であり、他のおかずとのバランスを考えるとどんなにがんばっても1回の食事で1/2房ほどしか進まない。単純計算しても10(房)÷2(日かけて1房食べる)=20日かかる。消費期限は1週間ほどで、冷凍してなんとか1ヶ月。さすがに毎日めんたいこを食べたくはないし、下旬に旅行を控えているので、とりあえず冷凍した(実は、冷凍保存というものがあまりすきではないのだ)。これによって同居人のめんたいこの期限は9/31ごろまで延びる。後半は同居人がいる(はず)なので、なんとかなる。
安心していた矢先に母から突然「ふくやのめんたいこが届いたよ。」と連絡がきた。話を聞くと、大分旅行の帰りに福岡に寄ったという。有無を言わさず彼女は来訪し、家庭用めんたいこ「マイルド」とtubu tube(チューブ状になっためんたいこ)を託して去っていった。いつもなら頭も上がらぬほどうれしいが、すでに我が家は9房のどっからが控えている。母からのめんたいこの期限を見ると9/31とある。消費期限の早いものから使いたいので、両者とも冷凍した。

ということで、現在我が家には14房のめんたいこが控えている。ときおりTwitterで「誤発注してしまい100個のところが1000個届いてしまいました。助けてください。」という叫びを目にすることがあるが、その気持ちの一端が理解できたような気がする。
すべてを生・焼きめんたいことして出すのも飽きてしまうので、もしおすすめのレシピがあったら教えていただけると幸いである。パスタを作らないうえにマヨネーズが嫌いという、めんたいこを大量消費するのにうってつけのレシピが使えないため、たいへん難儀している。助けてください。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。どうやらオンラインショップがあるようなので、今後はこちらを採用したほうが安全なのかもしれません。Amazonアカウントと連携できるのも、IDとパスワードを記憶する手間がいらないので好感がもてるし、送料無料もうれしいですね。