◆特性はいかにして障害となるか?

 とある芸人さんの会社が申告漏れを起こしていたということで、そこからこれまでのエピソードや、それらがADHDの特性なんじゃあないかという話をしている人が出てきたり「素人が診断をつけるべきではない」という人がいたり、さらには「素人があれこれ言うなということ自体が障害への偏見なのではないか」という人がいたり、いろいろな声がインターネットにあります。
 これは障害にたいする人びとの考えがまちまちであることを如実に示しています。こういった事件は、人びとの素朴な思いがぽろっと出る機会ともいえます。そういった意味でも、ひじょうに興味深い事件です。論文の題材にもなるかもしれません。

 さて、上で議論された特性や障害ですが、何をもってその人の特性は障害になるのか。これは難しいようで、シンプルなこたえがひとつあります。

「特性が、暮らしの中で困りごととなるかどうか」、です。わたしは特性が、というところより、暮らしの中で、というところにアクセントを置きたいです。
 たとえば、わたしは非常に忘れん坊で、予定がブッキングすることが多々あります。気がすすまなくても断るのが苦手で返事をその場でしてしまったり、「やりたい!」と思ったものは即答してしまったりすることが多くあります。あとはクレジットカード等の引き落とし日や支払い期限を忘れて「残高が足りなくておろせませんでした」「入金がなかったのでキャンセルされました」メールがくることもしょっちゅうありました。
 このままではいかんということで、予定を決めたらすぐGoogleカレンダーに入力してだいぶ防げるようになりました。さらに、おつきあいしている方々がみなやさしい。わたしの忘れん坊やうっかりを知っていてくれるので、慣れているのですね。「まぁそういうこともあるよね」と。これに甘んじるのはいかがなものかと思うときもあるのですが、現状これ以上の方策がないのでしばらくはこのままでしょう。今でもカレンダーに入れ忘れてブッキングすることはあるのですが、だいぶましになりました。約束をする相手も、前ほどいらついていないのではないかと思います(おそらく)。 お金関連は引き落とし額や期限をリマインドしておくことで、トラブルは起きていません。
 これが紙の手帳しか存在しておらず、周りもきびしいとなると、そうはいかなかったと思います。紙の手帳はいつでも持ち歩いているわけではないのでへいきで書き損じますし(紙を使っていたときはこれがしょっちゅうありました)、周りがきびしかったら叱責されます。どうあがいても忘れてしまうのだから、繰り返せばとうぜん元気はなくなっていきます。最終的に疲弊して、鬱に……ということが、もしかするとあったかもしれません。
 結果的に、わたしは苦手な脳の部分を機械にあずけることで暮らしやすくなったわけです。Googleさまさまです。

 序盤にだした芸人の方はキャリアも長い方ですし、先輩後輩からも「そういうキャラクター」として受け入れられていたのかもしれません。また、自らのエピソードをネタにして受けていた部分もあるようなので、途方もなく暮らしづらかったということはなかった可能性もあります。わたしは当該ツイートをきちんと拝見していないので断定的なことは何もいえませんが、最終的には本人や、周りの方々の生活のしづらさがどうだったのか、というところに尽きると思います。
 たしかに、リツイートされて流れてきたエピソードを見ると、ADHDの特性のようにみえる要素はたくさんありました。しかしながら、問題になるのは特性そのものより、それらの特性が暮らしと交わったときに本人がどう感じているかに尽きると思います。羅列されたエピソードでわかるのは、ただ「それっぽくみえる」ということだけです。それこそ先輩から「そんなん日常茶飯事や。独身の頃はようやっとったわ。」なんて言われれば「まぁそうか。」と思うこともありえなくはないですし、本人の特性や困り感を聞いて診断をつけるのは医者です。たいへんな勉強と臨床経験ありきで医者になるはずなので、そこは揺るがないかな、と思います。

 精神障害は、目に見えない障害とよくいわれます。それは、統合失調症の陰性症状などでいえば「見えづらいので理解を得づらい」ということであり、逆にコミュニケーション上の特性が目立ちやすい発達障害においては「特性を抜き出して、わかったようなそぶりをされやすい」ということでもあります。しかしながら、いずれにせよ大切なのはその人の困りごとがどこに生じていて、どうすれば暮らしやすくなるのかというところです。今回の話でいけば、彼自身の困り感がどこにあったのか(それとも、なかったのか)、そして、なにかのサポートが必要だったのか(もしくは、必要ないのか)というところがポイントになるのかな、と思います。それを見ても聞いてもいないうちに、障害だどうだとあれこれ言うのは、なんだか奇妙な感じがするなと、そういった感覚をもちました。

 読んでくださり、ありがとうございます。障害関連は文章の美しさよりも伝わりやすさを大切にしたいので、どうしても長くなってしまいます。書くのが苦にならないのでよいのですが。

コメント

  1. […] ところだと、風を通さないとたちまち停滞してしまう気がするのです。 「特性はいかにして障害となるか?」でも似たようなことを言いましたが、同じ病名や障害だとしても、当然そ […]

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com