造形教室

エッセイ

◆こころの故郷

 今回のコロナを受け、アトリエも5月の半ばまで休止となった。それ以降のことは、社会情勢を見ながら決めていくのだろう。しかたないとは思いつつも、休止になることが決まった1ヶ月前、多くのメンバーが集まった。50年間アトリエを主宰する先生も「...
精神

◆手作りフェイスシールドの作成方法配布

 医療機関・福祉施設等で不足しているといわれている、フェイスシールドの作成方法を、いつもお世話になっている平川病院“造形教室”スタッフの宇野さんがつくってくれました。「より多くの方に知っていただき、活用していただければ」とのことでしたので...
精神

◆喫煙所のこと

 くりかえしになるが、わたしのアトリエは精神科病院の一角にある。どうも去年から喫煙所の撤去が始まったらしく、今は一箇所だけ残っているという。しかしその一箇所も、来年を目処になくなるのではないかという噂が立っている。  いまアトリエに...
精神

◆構成が「おりてくる」

 日々の中でふと、頭の中に作品の構成や物語が「おりてくる」ことがある。これは他のことばでうまく説明できない。急に「おりてくる」というのが一番しっくりくる。 ここ半月ほど制作中の版画が停滞していたのだが、下部の構成が起き抜けに頭に浮かび「す...
精神

◆アトリエ記『慾望(版画)』②

 3ヶ月ぶりに記録する。書き残さないと忘れてしまう。釘を打つように記憶を留める。その必要がここにはある。 許可をくださった人からはもっと話を聞いて、作品について紹介するということもやってみたい。これは当ブログで、というより、もう少しきちん...
エッセイ

◆表現について

展示を終え、皆の作品をトラックに積み込みながら思う。 わたしの表現とは一体、なんなのだろう……。 たんなる表現ならいっぱいやっている。エッセイを書き、小説を書き、絵を描き、動画をつくる。ただ、今それらはてんでばらばら、思い思い...
エッセイ

◆ハレの日ケの日

作者・作品にとって展示は「ハレ」のイベントだろう。着飾った瞬間を見てもらう、大事なことだ。しかし、それだけで終わってしまうのはなんだかもったいない気もする。 「ハレ」があれば当然「ケ」がある。この「ケ」の期間の方がずっとずっと長い。...
エッセイ

◆人生の成功について

春先から手伝っていた展示「心のアート展」が終わった。いつもながらアトリエ絡みのできごとは考える種をたくさんくれるので、しばらくはそれにまつわる話を書こう。 展示のときにだけ会えるひとが何人かいる。わたしは人の多いのが苦手なので、絵の...
精神

◆アトリエ記 「慾望」③

1日かけていろいろなことをしていたので、この日はアトリエの記憶が相対的にうすい。人は少なく、静かな日だったと思う。天候は曇り。山頂に居を構えるこの病院も、日が翳ってここちよい。 完成。あんまり「慾望」っぽさが強調しきれなかったよう...
精神

◆アトリエ記「慾望」②

この日は異様にねむく、午前中にひととおりの家事を終えたあと昼まで爆睡してしまった。  合評前に到着し、作業をすすめる。先週つくったはんこの印面をととのえ、終わってから制作をすすめる。暑さのせいか人数も少なく、ゆったりと過ごせた。作品...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com