エッセイ

エッセイ

◆為せば舞い込む

 10日前から、英語学習をきちんとはじめた。学生時代、あれほど詰め込んだはずの単語たちはとっくに枯れ落ちてしまったらしい。びっくりするほど覚えていない。  じぶんの仕事、すなわち精神障害の分野において、日本は大いに遅れをとっている。...
エッセイ

◆愛する文化をまもる

 あいちトリエンナーレのことがあってから輪をかけて、この国の文化的なもののありかたについて危機感をおぼえています。本がすきなので、本についてもそんなことを思いました。現体制における文化のまもりかたを信用できていない、ということのあらわれな...
エッセイ

◆記憶のあいまいさ

 最近、じぶんの記憶に自信がない。もしかしたら過去の経験は妄想だったんじゃあないだろうかとか、この過去は何かちょっと装飾しているのではないかとか、そんなことばかりを考えている。Googleカレンダーに入れた予定も、ほんとうにこの時間で正し...
エッセイ

◆家がたのしい

 今年は、家がたのしい。決して娯楽が多いということではない。むしろ我が家はSwitchとBMSはの立ち環境(同居人所持)しかないので、圧倒的にすくない。  では何がたのしいのかといえば、家のものを考えて置いたり捨てたり整頓したりする...
エッセイ

◆視覚のない夢

 ひょんなことから悪夢の話になった。「単位が取れずに大学を卒業できない夢」だ。夢について事細かに話すと、相手はちょっと間を置いて、こんなことを聞いてきた。 「みかげさんは、夢に景色ってありますか?」  夢といえばビジュアルがあ...
エッセイ

◆とっ散らかった上半期

 毎日エッセイを書きはじめて1年経った。くだらない内容ながらもよく続いたな~と思う反面、書くことがほんとうにすきなんだなあと実感できた。すきなことを続けるのはどうやら苦にならないらしく、秋から始めた読書もいい感じで進められている。途中から...
エッセイ

◆抱かれる子、放たれて

 ちょうど1年前、毎日文章を書くと決めたころに「いとしき子を抱いて」というエッセイを書いた。ちょうど文芸同人誌を発行したあとで、小説の感想をいただいたうれしさをしたためたものだ。ひさしぶりに読み返してみたのだが、すでにだいぶほほえましい。...
エッセイ

◆連休は果たしてほんとうにしあわせなのか

「今年の夏は10連休をいただいたんですよ」と職場の人が話していた。ふとカレンダーを見て数えてみると、わたしも10連休だった。思ったより多い。  「連休」、いい響きだ。すきなことが存分にできるし、お弁当もつくらなくていい。しあわせな側...
エッセイ

◆魅力的なタイトル

 WGCさんの新聞記事を執筆したときのことをちょっとだけ。  Beatmania ⅡDXをしていたら店長から「おおい」と呼ばれ「すごくいい文章を書かれますね。こんど店の紹介をしたいんで、自由に書いてください(原文ママ)」と言われた。...
エッセイ

◆「スキ」で潤う

 じつは今月、ここの文章を書けない日が2,3日あった。それでも毎日更新できているのは、アウトプットのモチベーションが高いときに、狂ったようにいくつも書いていたからだ。  文章を書けずに家を出た日は、一日中どんよりとしている。職場のタ...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com