エッセイ

エッセイ

◆ひとりずもう

漫画家のさくらももこさんが亡くなったという。親しみのある作品をたくさん世に出していた方なので、ひとつの時代を失ったという感覚が大きい。 さくらももこさん死去 53歳 乳がんで はじめてニュースを引用するものだから、どこから引用したらいい...
エッセイ

◆腓腹は修練す

ヒールがすきだ。それも、えげつなく尖って高さのあるものだと尚良い。ホルモンバランス上どうしても丸みを帯びがちな女性に暴力的なヒールがくっついている姿は、コントラストが効いていてかっこいい。男性のヒールは日本にいると見かけないものだが、がっち...
エッセイ

◆褐色に恋い焦がれ

夏が苦手だ。東京の夏は湿気を含んで爽やかさがない。その上にだらだらと続く。もしこれが擬人化されたら、まちがいなく陰キャだと思う。 それと肩を並べてつらいのが日焼けだ。わたしの肌は黒く焼けない。申し訳程度に赤く染まってかゆくなり、気づいたと...
エッセイ

◆ことばの修行

所属している文芸同人「かもめソング」の先月の原稿から、主催の雨伽詩音氏と竹雀氏に赤入れをしていただくようになった。結成二年をむかえ、今後もなにかを書いていくというのであればこのままではいけない、と思ったのがきっかけだった。わたしは会話もへた...
エッセイ

◆生産性に引き籠るひと

きのう「いろいろな人がいろいろなことをすることでデータは充実していく」と書いた。AIがデータを活用するために人間があれこれと行動するのは本末転倒だが、結果としてさまざまなデータがあったほうが人間サイドの暮らしも豊かになっていく気がする。そう...
エッセイ

◆人はいずこ

9月3日に、AIを用いた商品が日清食品から発売される。 「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた」 倒置法の商品タイトルが目を引く。AIが「考えた」というので、日清食品側はAIにある程度の人格性を匂わせているようだ。日清食品の開発部と...
エッセイ

◆靴下の行方

参加している文芸同人で、竹雀氏がこんなエッセイを書いている。 靴下の順番 今日はその後半にある はたと気づく。行動というものは、いや、行動の順番というものは、どうしようもないほどに人そのものなのだと。 という一節を受けて作ったアンサ...
エッセイ

◆焦土に立つ悦び

医療レーザー脱毛の効果を書きました
エッセイ

◆空想転居の日々

いつか東京を離れて西の方へ住もうと目論でいたものの、いろいろなところを巡るうちに北のほうも候補に入るようになった。 東京にいると、あたかも知っているふうを装ってしまいがちだ。天候にも愛され、物的にも満たされ、アクセスもいいこの場所で、...
エッセイ

◆忘れることのたくましさとおそろしさ

きのうは一日外出していたのだが「過ごしやすい日だなぁ。」と思った。6月の梅雨明け以来異様な暑さを味わっていたからか、涼しさすら感じてしまった。 気温をさかのぼってみれば27°/18°、とりたてて涼しい日ではない。猛暑酷暑にあて...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com