エッセイ

エッセイ

◆ものを「つくる」ひと

おしゃべりの練習をしたくなって、よく通っているカレー屋に行った。 ちょうどカレーを食べたい日でもあった。わたしのしごとは人から話を引き出すちからが命運をわける。そもそもおしゃべりが苦手で、まだまだ至らない点が多いので練習しようと思い立った...
エッセイ

◆自由の余地

公衆電話がすきだ。現代を代表する美徳「小さく軽く」に反した「大きく重くやぼったい」図体は、わたしの幼い頃からぜんぜん変わっていない。その図太さすら、小心者のわたしには輝いてみえる。 中でもすきなのはボックスに入ったそれである。あの個...
エッセイ

◆タイ料理屋のむすめ

夏が近づくと、タイ料理をたべたくなる。暑いのに熱いもの。これは毎年ふしぎで、涼しくなってくるとたちまち足が遠のいてしまう。インド料理(ほぼカレー)は年中食べているのに、タイ料理はどうしてそうじゃないんだろう。 幸か不幸か、今年はこの...
エッセイ

◆着飾る色

この世にはいろいろな色があるけれど、どういうわけか原色に惹かれる。はっきりしない顔立ちなので、飾る色が強いだけでインパクトが出る。そういうバランスを無意識に考えているからかもしれない。 いろいろな色をあわせるとなるとだんぜん、補色が...
エッセイ

◆前向きな動機づけ

以前歯医者で「歯は不可逆な体の部位です。現状維持がだいじです。」と言われた。ゲームのように成果が見えづらくモチベーション維持に難儀していたのだが、ここ最近は突破口を見出し、前よりも念入りに歯を磨けている。ポイントは減点式で考えることで、た...
エッセイ

◆怒りについて

首と肩がひまさえあれば痛い。動かせば無尽蔵にぽきぽきと音が鳴り、ひとにびっくりされる。いっぽうで、ふしぎと腰は痛くならない。 一説によると腰痛の原因はストレス、とくに怒りの感情だという。怒りは腰にたまり、痛みとして発現するという。 ...
エッセイ

◆みかげ、医療費について考える

毎月の精神科と婦人科、ときどき耳鼻科や歯医者など、ちょろちょろ病院に行くことがあるので、だいたい月の医療費が5000円くらいかかっている。アマゾンプライムの年会費(¥4,200)より高い金額を毎月支払うのは正直せつないと言うほかないが、精...
エッセイ

◆腰はからだの要

アニメの効果音で、足腰に衝撃が走ったときの「グキッ!!!」という音がある。その後キャラクターは悲鳴をあげてうずくまるのがお約束なのだが、つい先日わたしの腰にもその音が鳴った。 布団にうつぶせて、あくびをしながら、からだを軽くねじった...
エッセイ

◆韓国語学習再開の途

 EZ2ACという韓国の音楽ゲームがおもしろい。ひとつの魅力はそのむずかしさだ。結局数あるなかでもマゾゲーっぽいものにいってしまうのが、わたしという輩なのだろう。RPGでも「邪聖剣ネクロマンサー」「星をみるひと」、物足りなければふつうのゲ...
エッセイ

◆手帖論考

今年はほぼ日手帳の分冊版「avec」をつかっている。6月に入り、上巻も終盤にさしかかった。去年にくらべるといろいろなことがあったような気がするけれど、あっという間だった。 手帳づかいも3年目に入り、気づいたことがある。これまでも試行...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com