エッセイ

エッセイ

◆文章も筋トレ

もう何度書いたかわからないけれど、自分の文章がきらいだ。エッセイもそうだが、特にフィクションで痛感する。頭の中にある「書きたいもの」を、どうもじょうずに取り出すことができない。ことばが万能でないことは承知しているけれど、それにしたってもう...
エッセイ

◆よくばらない。そのために、

最近、やりたいことが増えてきた。エッセイ書きに小説書き、ゲーム、動画づくり(とそのためのおもしろい動画観賞)、料理、韓国語、映画……さすがに1日ですべてをおさめるのはむずかしくなってきた。 ここで「その日その日で適当にやってい」けな...
エッセイ

◆質的リコメンドの尊さ

不慣れなところに出かけることになり、若かりし頃、そこに住んでいたひとにおすすめの食事を聞いた。返ってきた文面には、Google検索のリンクが貼ってあった。 その場にそうとうゆかりのある人なので、いくぶんは土着の知識や思い出が戻ってく...
エッセイ

◆笑顔の咲く場所

わたしは顔に出る表情と心の中で抱く感情がちぐはぐなことが多い。小さい頃から親に「あんたは顔に出ないもんねえ」と言われつづけ、学校でも「何を考えているのかよくわからない」と言われ、今では友人とブラフ系のボードゲームをしていると「きみとやるの...
エッセイ

◆グルテンの魅惑、その未来

疲れているとしぜんと間食をしてしまって、内訳はだいたいパンだ。どこにでも売っていて安い。 ふだんわたしはパンを食べない。理由は単純で、あんまりすきではないのだ。それでもパンを手にとって一瞬でむさぼってしまうのには、小麦をふんだんに使...
エッセイ

◆鼓動

去年末、周りの音を遮るためにイヤホンを買った。せいぜい地元にいるときは図書館の音が気になるときと、音ゲーをあそぶときくらいしか日の目を見なかったのだが、ひさびさに音を遮りたいタイミングがあってイヤホンをつけた。 通勤ラッシュの駅であ...
エッセイ

◆「はい」と「いいえ」の応酬

ひとつ、むかつくことがある。むかつくということばを使うほどではないのかもしれないけれど、ぱっと浮かんだのがむかつくだったので、許していただきたい。 だいぶ前から気になっているのだが、ウェブサイトによって「はい」と「いいえ」の場所が入...
エッセイ

◆万年筆のこと

ふだんづかいの手帳の買い替えを検討しているうちに、万年筆もほしくなってきた。万年筆生活もそろそろ2年半をむかえる。筆記時の軽さや文字の風情、最近ではメンテナンスの手間すらいとおしくなってきている。 今はドイツのLAMY社のものを使っている...
エッセイ

◆ものを「つくる」ひと

おしゃべりの練習をしたくなって、よく通っているカレー屋に行った。 ちょうどカレーを食べたい日でもあった。わたしのしごとは人から話を引き出すちからが命運をわける。そもそもおしゃべりが苦手で、まだまだ至らない点が多いので練習しようと思い立った...
エッセイ

◆自由の余地

公衆電話がすきだ。現代を代表する美徳「小さく軽く」に反した「大きく重くやぼったい」図体は、わたしの幼い頃からぜんぜん変わっていない。その図太さすら、小心者のわたしには輝いてみえる。 中でもすきなのはボックスに入ったそれである。あの個...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com