エッセイ

エッセイ

◆視覚のない夢

 ひょんなことから悪夢の話になった。「単位が取れずに大学を卒業できない夢」だ。夢について事細かに話すと、相手はちょっと間を置いて、こんなことを聞いてきた。 「みかげさんは、夢に景色ってありますか?」  夢といえばビジュアルがあ...
エッセイ

◆とっ散らかった上半期

 毎日エッセイを書きはじめて1年経った。くだらない内容ながらもよく続いたな~と思う反面、書くことがほんとうにすきなんだなあと実感できた。すきなことを続けるのはどうやら苦にならないらしく、秋から始めた読書もいい感じで進められている。途中から...
エッセイ

◆抱かれる子、放たれて

 ちょうど1年前、毎日文章を書くと決めたころに「いとしき子を抱いて」というエッセイを書いた。ちょうど文芸同人誌を発行したあとで、小説の感想をいただいたうれしさをしたためたものだ。ひさしぶりに読み返してみたのだが、すでにだいぶほほえましい。...
エッセイ

◆連休は果たしてほんとうにしあわせなのか

「今年の夏は10連休をいただいたんですよ」と職場の人が話していた。ふとカレンダーを見て数えてみると、わたしも10連休だった。思ったより多い。  「連休」、いい響きだ。すきなことが存分にできるし、お弁当もつくらなくていい。しあわせな側...
エッセイ

◆魅力的なタイトル

 WGCさんの新聞記事を執筆したときのことをちょっとだけ。  Beatmania ⅡDXをしていたら店長から「おおい」と呼ばれ「すごくいい文章を書かれますね。こんど店の紹介をしたいんで、自由に書いてください(原文ママ)」と言われた。...
エッセイ

◆「スキ」で潤う

 じつは今月、ここの文章を書けない日が2,3日あった。それでも毎日更新できているのは、アウトプットのモチベーションが高いときに、狂ったようにいくつも書いていたからだ。  文章を書けずに家を出た日は、一日中どんよりとしている。職場のタ...
エッセイ

◆楽しむ才能

 なんでも、手をつけてみるとたのしくなってしまう。すぐに夢中になって、好感度がぐんと上がってしまう。本・ゲーム動画づくり・絵描き……これまでのことは全部そうだ。「楽しい」と感じる敷居がとにかく低い。「ボドゲ会しようよ。」「この本おもしろか...
エッセイ

◆わたしの「書きたいこと」のために

 以前書いた◆わたしの「書きたいこと」の続きだ。  書きたいことが見えてくると、インプットの指標もみえてくる。なんとなくだが、読む本や見る映画の方向性がわかってくる……気がする。あらかじめ解が出ている問題の途中式を書いていくような…...
エッセイ

◆「もの」と思い出

 友人・詩音市の「ふたつの棚」というエッセイを読んだ。「もの」にまつわるすてきな一編だ。景観の美しさもおせじにはいいと言えず、治安がいいわけでもない。こんな、ネガティブな印象をもつ土地が、とある棚の記憶によって価値の反転がおきるという、実...
エッセイ

◆元気になる経験

 きのうのつづき。「いってよかった」の源は元気になった、という経験かもしれないという話をした。ちょっと具合が悪くても、その人(たち)と会うと「なんかいいかんじ」になる。  「いってよかった」が増えてきたのは、単に人と会う機会が増えた...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com