真鍋昌平

読んだもの

◆感想『九条の大罪』第52審「愚者の偶像」❸

今週のお話 店のバックヤードで吐き、倒れる数馬。どうやら結構な量の酒を飲んだようだ。同僚とおぼしき金髪の青年が数馬を案じて声をかける。 どうやら、数馬は時給制から歩合制に働き方を変えてもらったらしい。注文してもらったボトルと売...
読んだもの

◆感想『九条の大罪』第51審「愚者の偶像」②

今回のお話 小山からテキーラの一気飲みを強要される数馬。その様子を見ていた千歌が引き留めるが、小山は聞く耳を持たない。そこに店の責任者が現れ、小山に土下座して謝る。その様子からして、小山のことを相当恐れているようである。その様子を見...
読んだもの

◆『九条の大罪』第50審「愚者の偶像❶」

今週のお話 夜の繁華街を歩く九条と烏丸。京極の紹介された案件を受けるようになって以来、予約しないと取れないような高級料亭に行くことが増えたと烏丸がふりかえる。ということは、以前電話で受けた京極からの紹介を、受けているということだろう...
読んだもの

◆九条の大罪第49審『事件の真相』⑨

今回のお話 外畠から電話を受けた嵐山。股間を焼き切られたときのことを思い出したらしい。顔は隠されていたが、その音から自動車の整備工場ではないか、と。それを聞いた嵐山は思い当たる節があるような顔をする。壬生だ。休むっ間も無く、衣笠が署...
読んだもの

◆九条の大罪第46~48審『事件の真相』⑥~⑧

仕事が忙しすぎて感想を書くどころではなかったので、不本意ながら三週分まとめて書く。 このところのお話 第45審:強姦殺人のことを思い出しながら受刑者に奉仕させる犬飼。反省の色のなさは流木とのやりとり同様である。その後、嵐山と衣...
読んだもの

◆感想『九条の大罪』45審「事件の真相」⑤

今週のお話 京極から電話が入り、冬の寒さと九条の居住環境を思い、と前置きした上で勧める。また、小山の顧問契約も月30万で依頼し、他にも顧問契約を結んでほしい会社が多くあるという。とうぜん、その会社はすねに傷のあるところばかりだ。九条...
読んだもの

◆感想『九条の大罪』第44審「事件の真相」④

今週のお話 ついに娘の暗証番号を解いた嵐山。しかも、その日は娘の命日だった……。 場面は又林と深見とのやりとりに戻る。嵐山が娘の事件を独自捜査している理由についてである。又林いわく、実行犯である犬飼たちの地元と被害者である嵐山...
読んだもの

◆感想『九条の大罪』第43審「事件の真相」③

今週のお話 久我は、九条に自身の処遇について尋ねる。まだ、外畠がどれくらい警察に話をしたかわからないし、そもそも久我が手を出したのかどうかの事実確認をする。当日は福岡におり、自分ではないという。ただ、店の女を強姦した話は聞いていたが...
読んだもの

◆感想『九条の大罪』第42審「事件の真相」②

今週のお話 高級ホテルのベッドで京極がくつろいでいる。サイドテーブル(というのかな?)にグラスを置く。どうやらしずくの所属していたAV会社の社長であるトゥールビヨンの社長(小林だったかな?)の名義で予約し、ホテル住まいをしているよう...
読んだもの

◆感想『九条の大罪』第41審「事件の真相」①

今回のお話 都会の高い空から、蝿が飛んでくる描写ではじまる。行く先は河川敷、どういうわけか、警察官が集まっている。そこにはビニールシートからはみ出た人の足があり、すでに多くの蝿たちが群がっている。足の形からして、おそらく女性だろう。...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com