ということで、和名にしてみた。先月のあとがきと裏腹に、山菜や川魚はまったく食べなかった。

ゴールデンウィークは自炊をしていたものの所詮はお弁当がないので、外食の数はふだんより多かった。後半は自炊を増やしてバランスをとるようにしたものの、結果としては¥31,669(前月比+7,987)。

見苦しいことを承知で、ひとつ言い訳をさせてほしい。

ことしの5月は曜日の配置がよくない。土日が4回ある上に31日が金曜と、週末に買い物をする者がかさむようにできている。そのため、ふだんより高くなることは事前に予測済みというか、あきらめていた。じっさい31日に買った食品は¥3,000ほどだ。

それを差し引いても高くついた要因としては、調味料の購入が重なったことと自炊の量を増やしたこと、そして「おさしみ」だ。日曜夜の自炊の気力がなく、おさしみをづけにしたり生春巻きにしたことが響いている。おいしかたし、食事以外の出費がすくない月だったのでかまわないのだけれど。

下旬からは安いときにまとめ買いして冷凍する術を覚えたので、肉・魚にかんしては来月以降、さらに安くなっていくことが予想される。広告の日付と重なるように取り組んでいけるといいのだが、これも追々。

上にも書いたが今月は自炊をたくさんやったので、連休明けから外食をあまりしていなかったことに気づく。そのせいか外でたべるカレーの一皿がふだんよりありがたかった。魅力的なカレーたちを横目に、つくりおきの残りを消費しなければいけないことの心苦しさもあった。外食は自分にとって「必須栄養素」らしい、これがわかったのもひとつ、収穫だ。

読んでくださり、ありがとうございます。外食費のほうは毎月予算からちょっぴり足が出るのでこちらも考えないといけないな~と考えつつあります。