読んだもの

読んだもの

◆九条の大罪第31審『消費の産物』❹

今週のお話 前話の終盤で登場した亀岡麗子が、性産業にたいする演説を行なっている。「強姦は魂の殺人です。」と、亀岡の依頼人の話が始まる。AVへの出演を強要されたというので、おそらく前話の「揉めている」がここにあたるのだろう。 場...
読んだもの

◆『九条の大罪』第30審「消費の産物❸」

今回のおはなし ムーちゃん宅に泊まり、帰途につくしずく。雨が降ってびしょぬれの中、シャワーを浴びて着替える。バスルームは汚れており、洗面台つきなのであまり高い居室ではない。床や洗面器も汚れており、あまり手入れされていない感じだ。 ...
読んだもの

◆『九条の大罪』第29審「消費の産物❷」

今回のおはなし しずくは、歌舞伎町でマッチングアプリのイケメン・修斗と出会い、他愛もない雑談を過ごしながら歩く。お腹は空いていないというしずくに、修斗はバーを提案する。バーに入った途端、修斗は店内のひとびとから歓迎され、人気者なのだ...
読んだもの

◆『九条の大罪』第28審「消費の産物❶」

今週から新章である。一旦、壬生と京極のことはおいておく、ということのようだ。しかし、ここ2エピソードほど導入にすぎないような長さであり、のちのちのエピソードで合流し、物語が展開していく可能性もみられる。 今週のお話 サンリオ的...
読んだもの

◆『九条の大罪』第27審「強者の道理❷」

今回のお話 銀座の歓楽街?だろうか、を歩く京極と壬生。どこの店の者も、京極に挨拶をしている。「人気者ですね。」と言う壬生に、お金を使っているからなと京極は返す。彼はそのことより、九条をどうしてすぐに紹介しなかったのかを尋ねる。壬生は...
読んだもの

◆『九条の大罪』第26審「強者の道理❶」

先週のものの感想である。先週いろいろあって、ちょっと忘れていた。「自殺の心境」が続くかと思いきや新章である。前のエピソードを踏襲したかたちで続くのかどうかは定かでないが、ひとまずざっとみていこう。 今回のあらすじ 京極(25審...
読んだもの

◆『九条の大罪』第25審「自殺の心境❸」

今回のお話 嵐山からの電話に出た九条は、植田が自殺した物件が壬生の買い取ったヤクザ物件であることを問いただす。九条は法的な正当性を主張し、競売物件はヤクザでも入札ができると正論で返す。しかし嵐山は納得いかないようで、一般市民を自殺に...
読んだもの

◆『九条の大罪』第24審「自殺の心境❷」

今回のお話 自殺の心境と重々しいタイトルで始まった今シリーズだが、今週は烏丸の過去が描かれる。 ホテルの一室、烏丸がスーツ姿でソファに座している。白い花と黒い格好から、葬式の類であることがよみとれる。また、これまで出てこなかっ...
読んだもの

◆『九条の大罪』第23審「自殺の心境❶」

しばらく書かないあいだにもう第23審、早いものである。あまりに忙しく、書く暇がなかった、というのは外部的な要因で、そんな中でも書けなかった自分の方にほんらいの要因がある。ほんとうは感想を書きながら連載を追いたかったわけで、そういうことなの...
読んだもの

◆『九条の大罪』第12審「家族の距離❹」

今回の話  先週の家守のシーンから引き続きの展開。 家守は、山城が認知症を患っている父に無理矢理遺言書を書かせたのだと訴える。内容を尋ねる九条の問いから、家守の父親が介護施設で、遺書を書いているシーンへ移る。そこにはたしかに山城が立...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com