なにをかくそう、さっきまでねむっていた。むろんストレートにねむりつづけていたのではなく、しっかり朝まで寝て、そこから寝なおしている。入眠困難中途覚醒早朝覚醒ときどき悪夢と不眠のデパートメント・ストアたるわたしが、夜に寝ついてそのまま朝になっていることはおろか、午前中の折り返し地点ともいえる9時をこえて布団にこもっていられるのは、たいへんめずらしい。なお「午前中の折り返し地点」というのは、6-12時をめざめの時間と考えるのからきている。

少し眠りすぎの感はあるが、こんな日は年に一度あるか、ないかだ。新年3日めにして早くもやって来てしまったけれど、うれしいものはうれしい。すっきりと起きてみたらまだ1時でしたとか、外が明るいのでいい時間かと思いきや4時でしたとかいうのは、何度経験してもせつない。その割合が半々になり、最終的には「起きたら朝でした」が過半数をこえるとよいのだが、まず眠れた日の割合を高めていくことが夢への近道だろう。あわててはいけない。

ひとつ変わったことといえば、この休みは睡眠薬をのんでいる。これまでは仕事をひかえた緊張感で神経がこわばって不眠になりやすいと思っていたので、気持ちが開放的になる休み前はなるたけ飲まないようにしていたのだが、飲むことで睡眠の質も上がっているのか、休みの日も薬を入れたときのほうが、起きたあとの眠気が少しおさまっているような気がする。今日がたまたまうまくいっているからこう考えているが、しっぱいするときはしっぱいするので、きもちの問題といえばそれまでだ。

なんにせよ、睡眠の幸先がよさそうなのはよろこばしい。この調子でのらりくらりとデパートメント・ストアをかわしてしまえばこっちのものだが、ひとたびねむってしまうとじぶんの意志の届かない世界に入ってしまうので、なかなか難儀である。実体のないデパートメント・ストア。ついつい入店しまう魅力的ななにかが、そこにはあるのだろうか。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。6時間以上ねむれる日はそれだけで満足してしまって、今日何をしようかとてもなやんでいます。