読んだもの

◆『九条の大罪』第28審「消費の産物❶」

今週から新章である。一旦、壬生と京極のことはおいておく、ということのようだ。しかし、ここ2エピソードほど導入にすぎないような長さであり、のちのちのエピソードで合流し、物語が展開していく可能性もみられる。 今週のお話 サンリオ的...
読んだもの

◆『九条の大罪』第27審「強者の道理❷」

今回のお話 銀座の歓楽街?だろうか、を歩く京極と壬生。どこの店の者も、京極に挨拶をしている。「人気者ですね。」と言う壬生に、お金を使っているからなと京極は返す。彼はそのことより、九条をどうしてすぐに紹介しなかったのかを尋ねる。壬生は...
読んだもの

◆『九条の大罪』第26審「強者の道理❶」

先週のものの感想である。先週いろいろあって、ちょっと忘れていた。「自殺の心境」が続くかと思いきや新章である。前のエピソードを踏襲したかたちで続くのかどうかは定かでないが、ひとまずざっとみていこう。 今回のあらすじ 京極(25審...
読んだもの

◆『九条の大罪』第25審「自殺の心境❸」

今回のお話 嵐山からの電話に出た九条は、植田が自殺した物件が壬生の買い取ったヤクザ物件であることを問いただす。九条は法的な正当性を主張し、競売物件はヤクザでも入札ができると正論で返す。しかし嵐山は納得いかないようで、一般市民を自殺に...
読んだもの

◆『九条の大罪』第24審「自殺の心境❷」

今回のお話 自殺の心境と重々しいタイトルで始まった今シリーズだが、今週は烏丸の過去が描かれる。 ホテルの一室、烏丸がスーツ姿でソファに座している。白い花と黒い格好から、葬式の類であることがよみとれる。また、これまで出てこなかっ...
読んだもの

◆『九条の大罪』第23審「自殺の心境❶」

しばらく書かないあいだにもう第23審、早いものである。あまりに忙しく、書く暇がなかった、というのは外部的な要因で、そんな中でも書けなかった自分の方にほんらいの要因がある。ほんとうは感想を書きながら連載を追いたかったわけで、そういうことなの...
エッセイ

◆よかったことをみつける

iPadを買ってから、Goodnoteでその日のよかったことをふりかえるようにしている。もともとこまめに何かをするのは苦手なのだが、iPadは触っていてたのしいので、いまのところつづいている。 なぜこういったことをはじめたのかという...
ゲーム

◆リングフィット記⑧★

今回  1月後半は体調がかんばしくなく、2月の前半はしごとがいそがしくて疲れてしまい、後半はプライベートでばたついてしまい、あまり起動できなかった。週1回、ひどいとそれ以下だ。 3月なかばから再開し、週2のペースを再建しつつある。や...
生活

◆2020年の下半期について(目標と達成度について)

目標を立てたら振り返りが必要。 仕事休まず通える状態をキープする:95%→ほぼ休まず通うことができた。リングフィットによる筋トレや寝る時間の固定がきいたのかもしれない。引き続き継続していく。支援の技術を上げる:60%→1年経ち、接す...
生活

◆英語学習(TOEIC対策) 結果

受けて1週間たつと忘れてしまうものである。さいわい、直前の画像が残っているのでふりかえりながら。なお、引き続き学習はabceedで、公式問題集の模試1回分を受けた。 2月頭 ひたすらListeningのPart.3,4をやる。...
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com